こんにちは。小林美智子です。

以前、テレビを観ていたら
親子カウンセラーのかたが
こんなことを言っていました

子供にとって、1番良い母親は
(( 機嫌のよい母親 ))

なんでかっていうとね
たとえば、機嫌の良い母親って
ホンのちょっとした出来事も
嬉しそうに話すから

それを聴いている子供は
「なんかいいことありそう!」
って思えるんですって^^

でも、機嫌の悪い母親だと
「なんかいいことなさそう!」
って思っちゃうんですって^^


この話を聴いたとき
私は、子供の頃のことを思い出しました

私は夫婦喧嘩の多い家庭で育ちました

喧嘩の内容とか
細かなことは、ほとんど覚えていません

ただ、私の母は機嫌が良い母じゃなくて
憂鬱そうでかわいそうな母でした

なので、私は「いいことあるかも!」なんて
まったく思えなかったし
どちらかというと
憂鬱な毎日を過ごしてました

そのため、今でも
私の発想はネガティブ指向で
「なんかいいことありそう!」
なんていう、ワクワク感がほとんどありません


もしね、あなたが、子供さんに
幸せになってほしいと思ったら

ぜひ、あなたの幸せな姿
子供さんに見せてあげてほしいなって思います


そのための1番の近道が
妻が、ご機嫌な母親になること

そして、ご機嫌な母親になるために
1番必要なことが夫からの愛情です

妻が子供さんを、叱っていたら
夫は、妻を叱ってはいけません

ほとんどの妻は
子供さんを叱ったあと
ご自分を責めています

だからこそ、あなたは
妻の味方になって
妻の話を聴いてあげてくださいね

そして、夫婦仲良く過ごしてください

コレが、あなたの子供さんが
結婚後、夫婦円満になれる秘訣!かな^^



夫婦で子育てをしていくと
いろいろな問題が起こります

そして、その問題の半分以上は
男女の感覚的な違いから起こります

どんなに愛し合って結婚した相手でも
考え方やとらえ方は、真逆に近いほど違います

だからこそ、夫と妻は
子供さんに違うことを
教えてあげられるんですよ 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


離婚ランキング